トップページ >実践できるハードプラン >トータルプラン >保管場所

保管場所

手洗い場

構造の要件

手洗い場構造の要件イラスト

  • 壁・扉などにより他の施設から区画されていること。
  • 原料の保管施設は完全に外部と遮断できる構造とし、原料の品質劣化を防ぎ、しかも、ネズミ・昆虫などの侵入や発生を防止できる衛生的なものであること。
  • 原材料の相互汚染防止の措置がなされていること。
  • 天井、内壁、扉は吸湿しにくい材質のものであること。
  • 内壁、床面は平滑であること。
  • 扉は、密着性のよい状態であること。
  • 吸気口を有する場合は、防虫ネットが備えられていること。
  • 排気口を有する場合は、防虫ネットが備えられていること。
  • 照明設備は、100ルクス以上の照度が確保できること。
  • 資材保管施設は、直射日光が遮蔽でき、高温多湿とならない施設であって、床面はコンクリートなどを用いて、平らで埃のたちにくい仕上げであり、清掃・消毒作業等が容易に行えるものであること。
  • 排水溝を備える場合は、デザインプラン参照。
  • 壁の設備貫通部分は、防鼠・防虫のために隙間がないこと。
  • 冷却装置が備えられている場合は、その装置から生じる水は直接施設外に排出されるか直接排水溝に排出される状態であること。

実践plan

動線・ゾーニング計画に支障をきたさないために

動線・ゾーニング計画に支障をきたさないためにのイメージ写真

保管施設は車両アクセスより配置位置が特定されるケースが多くあり、ワンウェイの動線計画やゾーニング計画に支障をきたす工場が多くあります。重層式の建物であれば上階へエレベーターでの搬入により動線が計画しやすいのですが、アクセスが一方向のみ可能で小規模な単層施設ならば、U型にて動線を計画し中央に仕切りを設置し、交差汚染を防ぐ計画にて対応することが考えられます。

L字・U字となっても交差汚染が必ずしも発生するわけではありません。注意したいのは交差汚染防止対策を講じていないクロス(×)と戻り(U)のラインです。

外部から施設をガードするために

また保管施設は動線計画にて、外部運送業者の出入・立入を考慮しておくことが必要です。ゾーンとしては汚染区であり、冷蔵あるいは冷凍された製品の移動となるため軽視されがちですが、外部者から施設をしっかりガードできるように靴の履き替えや手洗い施設を 計画する必要があります。

外部から施設をガードするためにのイメージ写真

HACCP99.comは、創実ファシリティーズ株式会社が運営する情報提供サイトです。

創実ファシリティーズではこれまでに培ったノウハウにより食品安全衛生マネジメントシステムHACCP ・ ISO22000 に準拠した食品工場の環境を構築するという視点からの食品工場設計建築業務、 HACCP ・ ISO22000 のソフト構築サポート業務を行っております。食品工場の HACCP ・ ISO22000 要件として細部に求められる衛生面での要求をクリアできる食品工場プランづくりから、食品工場設計、食品工場建設にいたるまでをご提案いたしております。